積極的に営業活動を行おう

独立しフリーランスとして働くスタイルは、気ままな仕事のように見える。
人付き合いの煩わしさがなく、思い通りに仕事ができるように感じるかもしれない。
しかし実際には人付き合いが上手でないと、仕事を続けるには難しい側面を持っている。

フリーランスが仕事を探すためには、クライアントを探すために営業活動を積極的に行う必要がある。
クライアントと普段から頻繁にコミュニケーションを取り、仕事ができる有用な人材であるとアピールしなければならない。
人との接触があまりなく孤独を感じているようでは、得られる仕事量は限られてしまうだろう。
そこで人が集まる場所に積極的に参加し、名前を売り出す活動が将来の仕事のチャンスにつながるのだ。

普段から積極的に営業活動に取り組んでいるフリーランスは、孤独を感じている暇がない。
常に人と出会って業界内の情報交換をしたり、あるいは仕事の交渉を行っている。
いずれ独立して大きく稼ぐつもりであれば、孤独を感じる間もなく活発に活動する心掛けが必要になるだろう。
じっとしていてもフリーに仕事の案件が舞い込んでくる事はなく、自らの足を使って営業活動に力を入れてきた成果が、将来の安定した仕事へとつながるのだ。
もし寂しさを感じるようであれば、それはまだ営業活動が足りないからかもしれない。
そのため空いた時間を利用してもっと多くの人と出会い能力をアピールするよう意識し、これまでよりもさらに営業活動に力を入れると仕事は上手くいくだろう。