仕事に専念するという方法

フリーランスはサラリーマンのように職場の同僚を持たず、孤独を感じる場面はよくある。
寂しい気持ちを紛らわせる方法の一つとして、忙しい仕事を受け持ちそちらに専念するという方法がある。
何か集中するものがあれば余計な事を考える暇はないため、あえて忙しい仕事を選んで専念し、フリーランスの寂しい気持ちを紛らわせるというものだ。

また仕事を続けている間は、仕事先の関係者ともコミュニケーションを持てるため寂しさを解消させることができる。
その他にも忙しい仕事に集中し多く働いた分だけ収入が増えるというメリットもあり、貯金を多く蓄えて将来の生活への安心感をアップさせることも可能だ。
それでもいずれは仕事の案件が完了しまた一人でいる時間が増えるため、再びフリーランスは寂しさを感じるようになるだろう。
そこで寂しさを紛らわせるため、次の仕事を探すという循環が続いていくのだ。

この仕事の忙しさで孤独を紛らわせる方法には実は問題点がある。
それは、仕事ばかりに終始しているとプライベートの時間を犠牲にしかねないということだ。
たとえ本人は意識していなくとも、いつの間にか仕事人間に陥ってしまい仕事以外は空虚な人間になりかねないため注意が必要だ。
そこで仕事ができるだけでなく、プライベートの時間も充実させる心掛けが欠かせない。
たとえ孤独感を感じていたとしても忙しい仕事に逃げるのは避け、量をある程度でセーブする。
一方でプライベートの時間で何か寂しさを紛らせるための方法を考えた方が、ワークライフバランスが取れていると言えるだろう。

関連記事【孤独に耐えられないフリーランスはどうする?:http://howis-alonefreelance.com