生活と仕事のリズムを作ろう

フリーランスは基本的に一人で仕事をするため、孤独感を感じやすい。
自由度の高さは逆に不自由でもあるのだ。
けれども、自分なりの生活と仕事のリズムを作ることができれば、面白さも生まれるだろう。

独立して最初の頃は、仕事を確保するのに必死なので孤独を感じる余裕すらないものだ。
けれども次第に慣れてくると、人と接することが少ないためにモチベーションが下がる場合がある。
その中で、自分の置かれた環境の中でどのようにすればスキルが高まるのか、良い仕事ができるようになるのかを考えてみてほしい。
すると、全ては自分の管理次第であることがわかるだろう。
会社員として多くの人との共同作業を行っていた頃とは異なり、自分の取り組みひとつでクライアントにどれほど喜んでもらえるかを自覚するわけだ。
そうなれば、仕事は楽しくなるのではないだろうか。
どんな工夫をすれば良いのか、仕事はどのように管理していくのかを色々と考えられるようになってくるだろう。

さらにフリーランスとしての仕事に余裕が生まれると、休日を有意義に過ごすことができるようになる。
家庭のことにも気を配ることができるので、ワークライフバランスが保たれるわけだ。
このように、仕事もプライベートも自分で管理できていると実感が持てるようになった時には孤独感は感じなくなるだろう。
また、フリーランスは自分の時間を好きなように使える自由を手にしているため、好きなことがあれば簡単に実行できるという心のゆとりが持てるだろう。

孤独を感じない仕事を選ぼう

一人で行うフリーランスの業務内容は、孤独に陥りやすい。
しかし仕事の内容次第では寂しさを感じることなく仕事が続けられる。
解決手段の一つとして例を挙げるのであれば、開発チームの助っ人として参加する働き方がある。
この方法であれば一人で仕事をする状況から脱し、寂しさを感じずに仕事が続けられるのだ。

ソフトウェアの開発会社では、プログラマーやシステムエンジニアなどの人員不足が理由で助っ人のエンジニアを探すケースがよくある。
そのような時にフットワークの軽いフリーランスの立場を利用すると、助っ人として開発に協力することができるのだ。
開発チームには複数のエンジニアたちがいて、彼らと協力しながら業務をこなす事になる。
すぐそばに仕事の同僚たちがいるため孤独にならずに済むはずだ。
また開発チームに参加して開発の経験を積むと、チームワークに関連するスキルの習得にも役立つだろう。

IT分野のソフトウェア開発などでは、一つのソフトウェアを完成させるため複数のエンジニアが関わることが多く、チームワークが欠かせない。
同僚や上司とコミュニケーションを取り、互いに連絡し合って仕事ができるノウハウが必要になる。
そこでチームで仕事ができるテクニックを身につけておくと、将来有望な開発業務の仕事が巡って来た時にチャンスが獲得できるだろう。
もし一人で仕事をしていて孤独を感じるようであれば、寂しさを紛らせるだけでなくスキルアップのためにも、開発プロジェクトのフリーランス向け求人案件を探してみてほしい。

仕事に専念するという方法

フリーランスはサラリーマンのように職場の同僚を持たず、孤独を感じる場面はよくある。
寂しい気持ちを紛らわせる方法の一つとして、忙しい仕事を受け持ちそちらに専念するという方法がある。
何か集中するものがあれば余計な事を考える暇はないため、あえて忙しい仕事を選んで専念し、フリーランスの寂しい気持ちを紛らわせるというものだ。

また仕事を続けている間は、仕事先の関係者ともコミュニケーションを持てるため寂しさを解消させることができる。
その他にも忙しい仕事に集中し多く働いた分だけ収入が増えるというメリットもあり、貯金を多く蓄えて将来の生活への安心感をアップさせることも可能だ。
それでもいずれは仕事の案件が完了しまた一人でいる時間が増えるため、再びフリーランスは寂しさを感じるようになるだろう。
そこで寂しさを紛らわせるため、次の仕事を探すという循環が続いていくのだ。

この仕事の忙しさで孤独を紛らわせる方法には実は問題点がある。
それは、仕事ばかりに終始しているとプライベートの時間を犠牲にしかねないということだ。
たとえ本人は意識していなくとも、いつの間にか仕事人間に陥ってしまい仕事以外は空虚な人間になりかねないため注意が必要だ。
そこで仕事ができるだけでなく、プライベートの時間も充実させる心掛けが欠かせない。
たとえ孤独感を感じていたとしても忙しい仕事に逃げるのは避け、量をある程度でセーブする。
一方でプライベートの時間で何か寂しさを紛らせるための方法を考えた方が、ワークライフバランスが取れていると言えるだろう。

関連記事【孤独に耐えられないフリーランスはどうする?:http://howis-alonefreelance.com