生活と仕事のリズムを作ろう

フリーランスは基本的に一人で仕事をするため、孤独感を感じやすい。
自由度の高さは逆に不自由でもあるのだ。
けれども、自分なりの生活と仕事のリズムを作ることができれば、面白さも生まれるだろう。

独立して最初の頃は、仕事を確保するのに必死なので孤独を感じる余裕すらないものだ。
けれども次第に慣れてくると、人と接することが少ないためにモチベーションが下がる場合がある。
その中で、自分の置かれた環境の中でどのようにすればスキルが高まるのか、良い仕事ができるようになるのかを考えてみてほしい。
すると、全ては自分の管理次第であることがわかるだろう。
会社員として多くの人との共同作業を行っていた頃とは異なり、自分の取り組みひとつでクライアントにどれほど喜んでもらえるかを自覚するわけだ。
そうなれば、仕事は楽しくなるのではないだろうか。
どんな工夫をすれば良いのか、仕事はどのように管理していくのかを色々と考えられるようになってくるだろう。

さらにフリーランスとしての仕事に余裕が生まれると、休日を有意義に過ごすことができるようになる。
家庭のことにも気を配ることができるので、ワークライフバランスが保たれるわけだ。
このように、仕事もプライベートも自分で管理できていると実感が持てるようになった時には孤独感は感じなくなるだろう。
また、フリーランスは自分の時間を好きなように使える自由を手にしているため、好きなことがあれば簡単に実行できるという心のゆとりが持てるだろう。